宮崎の釜揚げうどんは結構美味い!

宮崎の釜揚げうどん

 
こちら、とあるお店で食べた釜揚げうどんとお寿司のセットでございます。釜揚げうどんは宮崎や徳島で多く食べられてますよ。

ちょっとした遠出の帰りに立ち寄ったお店で、初めてのところだったのですが、結構美味かったですよ。

宮崎県のうどんって「きっちょう」などが有名なのですが、ブツブツ切れる歯ごたえなので、他県の人が食べたら「なんじゃこら?こんなんうどんじゃないわ」っていう人もいるみたいですね(^_^;)

宮崎人はあのうどんで育ってきたので違和感は無いのですが、初めて香川県に行ってうどんを食べたときは流石に僕も衝撃的でした。香川県でうどんを頼むと、まるで織物化のようなきらきらとしたうどんが出てくるのです。で、食べるとまぁ~コシがしっかりしている。同じうどんでもこんなに違うものかとビックリしますよ。

まぁきっちょうのようなうどんが好きな方もいますし、好みの問題になってくるのでどちらが美味しいとかでは無いのですが、宮崎の方は一度伝統ある香川県のうどんも食べられてみてくださいsparkles

釜揚げうどん商品一覧

釜揚げうどんの豆知識

釜揚げうどん(かまあげうどん)は、茹でたうどんの麺を熱いつゆにつけて食べる料理。宮崎県や徳島県を中心とした四国地方などで多く食されている。

麺を茹でた釜からすくい上げたものをすぐに食べるため、「釜揚げ」という。うどんを入れた容器と、つゆをいれた容器に分けて供される。うどんを入れた容器には茹で湯をいれるため、少し白く濁っている。うどんを水で締めることなく、茹で湯とともに、釜から容器に移されるので、食べる時には、ふんわりと小麦粉の香りがただよい、心地よく嗅覚を刺激する。うどんを水で締めていないため、”こし”はあまりないが、水で締めていないうどん特有のもちもちとした歯ごたえが特徴である。

釜揚げうどんと湯だめうどんの違い

湯だめうどんは釜からあげた麺を水で締め、すのこの上に一玉ずつストックしておき、注文があればその麺を再度湯に通し、あたため、うどんとお湯を入れた容器と、つゆをいれた容器に分けて供される。外見上は、釜揚げうどんと同じであるが、麺を水で締めてから注文があるまでのタイムラグにより、麺の鮮度が落ちているため、小麦粉の香りはすでにない。ストックしている玉を使う湯だめうどんと、注文後に、麺を茹で、釜からあげて出す釜揚げうどんには、値段に差をつけている店も多い。その場合は、当然、手間と時間がかかる釜揚げうどんのほうが、高く設定されている。

湯だめうどんは茹でたてであれば強い”こし”を楽しめるため、釜揚げよりも当たり外れが大きいと言える。また茹で湯を使用しないため湯が濁らず麺の味が澄んでいる。回転の速い時間帯なら作りおきの麺でも茹でたてに当たりやすいため、釜揚げとどちらがよいかは客の好み次第となる。

揚げ物にはへべすをかけて美味しくいただこう

山芋の絨毯の上にもずくを乗せてポン酢で頂きます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP